どんなに無理と思う事でも時が来れば必ず変われる

どんなに無理と思う事でも時が来れば必ず変われる

 

 

私は現在やカウンセリング、講師業、レイキの施術などを長年行っていますが


実はこんな私・・・


小学生からやさぐれていて12才からタバコを吸っていました…


それから40才になるまで約30年近く吸い続けてきました

 


禁煙なんてほとんどしたことはありません

チャレンジしてみても1日で終わり…

 

人生死ぬまで

タバコは止めないだろうと思っていました

 


こんなに美味しいタバコを止めてしまうと


人生の楽しみが1つ減ってしまう


 

食後のコーヒーとタバコ…

仕事が終わった後のタバコ…

 

この至福のときの感覚を体験してない人は


人生損しているよね〜

 

と本気で思っていました・・・



 

なのでレイキの講座でタバコをやめたり、

肉食をやめて菜食に変えたりしなくても良いのですかね?

 

と、この様な受講者さんから質問がきても


「レイキの教えに◯◯しなければならない!というものはありません」


「私もタバコも吸うし、肉も魚も食べますよ」


この様に答えていました。


 

実際にレイキエネルギーを流すのには


自分のエネルギーを使う訳ではないので問題はないのですが・・・

 

 


ただし他に問題がありました…

 


それは臭いです


 

講師として教えていくとさらに

エネルギーに敏感になっていくのですが


その分臭いにも敏感になっていくのです…

 


タバコをやめたいと思うことがなかったのですが


臭いに対しては特に講座中やカウンセリング、ヒーリング中

吸わない様にして注意を払うものの


やはり完全に消える訳ではないのです・・・

 



そこで初めて


タバコを吸いたいと思わなくなれば1番いいのに…


と思うようになったのです



 

そこから私はタバコを吸う度に


これまで「美味しい〜」と思い吸っていたのを

 


「タバコがまずくなる」


と思いながら吸うようにしました…


 

しばらくするとタバコがキツく感じる様になったので


軽いタバコに変えました


 

次に吸う本数が少なくなっていきました


だんだん「美味しい」と思わなくなっていったのです…



 

半年ほどたった頃、咳き込む様な風邪をひきました

 


タバコの本数が減っても

1日中タバコを吸わない日はなかったので


ゲーム感覚でなんちゃって禁煙をやってみよう!

 


そう思い1日禁煙をトライしました


 

どうせ禁断症状が出てタバコを吸いたい〜!


と思うだろうけど…

 

そんな風に禁煙を自分ができると期待もしていません




 

そこでミラクルが…

 



吸いたい〜


我慢できない〜


やっぱ吸おう!

 

と、ならないのです…



 

結局1日禁煙成功。




なので次の日もやってみました。


次の日も成功。


その次の日も…




 

こうやって私はタバコを


大した禁断症状に襲われることもなく


やめたのです…




 

長年吸っていたので


つい癖で食事の後、無意識にタバコをカバンから探したりして


「あ!私タバコやめたんだ…」


と気付くことはしばらく続きましたが…

 

 


私がタバコをやめたことは


私にとってはミラクルなのです…



 

タバコをやめて気付いたこと…


 

・人生の楽しみが減ったとは思わなかった


・自分の為だけならやめてはなかった


・人の為と思えば無理と思ってたこともできるようになる


 

こんな気付きを貰いました。



 

そしてタバコをやめたらコーヒーもあまり飲まなくなり


口寂しいからと食べていたアメやガムもあまり食べなくなりました。


 


嗜好品などの好みに変化が現れました。

 



日本伝統のレイキの教えには念達法という技法があります


古い思い込みを解除して

脳に新たな思い込みをインプットしていく技法です

 


私はそれをただ淡々実践したのです

 


我々は長年持ち続けた思い込みで生きています。




もうこの思い込みを手放す時が来たと感じたら


進んでリキまずに手放す訓練をしてみてください(^ ^)

 



そうすると次の待っている新しいステージ


新しい世界に行きます…



ということで、今回の記事もあなたの参考となれば嬉しいです♪




10月から新しい実践会のメニューも追加!


スケジュールの確認はこちらをクリック